アナ雪 オラフの声 武内駿輔とは?ピエール瀧と声の比較

映画
スポンサーリンク

金曜ロードショーで『アナと雪の女王』の放送がされました。

アナと雪の女王と言えば、続編の公開がまもなくですが、

そんな中、ピエール瀧さんの逮捕によってオラフの声が変更になりましたが、

新たにオラフの声を担当することになったのは、武内駿輔さんです。

金曜ロードショーで放送された、アナと雪の女王のオラフの声もすでに変更されましたが、

今回は、ピエール瀧さんとの声の比較と、新しいオラフの声 武内駿輔さんとは

いったいどんな方なんでしょうか。調べてみました。

『アナ雪』オラフの声 ピエール瀧さんと武内駿輔さんとの比較

 

 

視聴者からは「気づかなかった」という声があがるほど違和感がないですね。

 

【アナ雪】 オラフの声 武内駿輔とは?

中3で声優の養成所へ入学

小学4年生のときに映画『ダークナイト』を観て、ジョーカー役のヒース・レジャーに憧れて役者になりたいと思ったそうです。

その後、役者になるための勉強としてハリウッド映画を観るうちに、外国の役者にアテレコをする声優という仕事に興味を持ったといいます。

高校生でTVアニメデビュー

17歳のときに、アニメ『アイドルマスターシンデレラガールズ』の

プロデューサー役に大抜擢され徐々に知名度を上げていきました

17歳とは思えないと言われるほどで、魅力はなんといっても“低音ボイス”です。

武内Pという愛称で視聴者から温かく受け入れられています。

【アナ雪】 オラフの声の感想

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ピエール瀧さんとの声の比較と、新しいオラフの声 武内駿輔さんとは

いったいどんな方なのかを調べてみました。

武内駿輔さんがそんな若い方だったとは、私もびっくりしました。

sの低音ボイスからは感じられない爽やかな方ですね。

オラフの声も違いがわからないほどのクオリティーにも圧巻です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました