水道料金コロナの影響を受け減免はいつからいつまで?手続きは必要?

暮らし
スポンサーリンク

 

新型コロナウイルス感染拡大を受け、経済活動支援として水道料金の減免を行うことが

決定しました。


本当に少しずつですが様々な経済的支援が決定してきていますね。

今回は、水道料金コロナの影響を受け減免はいつからいつまで?手続きは必要なのかについて

調べてみました。

 

 

水道料金減免はいつからいつまで

 

水道料金減免については、各地域によって開始時期や減免期間なども違います。

なので、住んでいる地域のホームページを確認しましょう。

地域によって、減免期間が4ヶ月(2期分)のところや6ヶ月(3期分)のところもありました。

そして、減免さえない地域もあり、各自治体によって水道料金の減免については

現時点では差があるようです。

 

水道料金減免額は?

 

減免額についてですが、基本料のみを全額免除する地域と下水道の基本料も合わせて全額免除してくれる地域があるようです。

※減免になるのは基本料のみですので使用分は請求されますのでご注意を。

 

なので、こちらに関してもお住いの地域のホームぺージをご確認ください。

 

ちなみに私の住んでいる周りの地域の減免額を比べてみました。

  • 基本料+下水道基本料を6か月(3期分) 約 7251円減免
  • 基本料+下水道基本料を3か月 約 4680円減免
  • 基本料+下水道基本料を4か月(2期分) 約 4884円減免

地域によってこんなにも差がありました。

 

水道料金減免の手続きは必要?

 

各地域のホームページを確認したところ、どの地域も手続きは不要とのことでした。

 

 

水道料金減免について世間の声

 

 

 

 

まとめ

 

今回は、コロナウイルス影響による水道料金の減免はいつからいつまで?手続きは必要なのかについて調べてみました。

各自治体によって、減免期間や金額等にも差がありました。

コロナウイルス感染拡大による生活支援がもっと充実していき、金銭面に対して

安心して生活できるようになってほしいと願います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました