矢沢永吉 喉の不調はどうなのか 今後の歌への影響は?引退もあり得るのか?

芸能
スポンサーリンク

2019年11月24日に、福岡マリンメッセでのライブ公演の中止が発表され、

その後の11月27日の浜松アリーナ公演もまだ体調がよくならず、

中止の発表がありました。

『喉がちぎれてもやりたい。と断腸の思いを明かしていた矢沢永吉さんですが

その後の喉の調子は大丈夫なのでしょうか。

今回は、矢沢永吉 喉の不調はどうなのか 今後の歌への影響は?引退もあり得るのか?

について調べてみました。

矢沢永吉 喉の不調はどうなのか

実は福岡公演中止後、喉にドクターストップがかかっていて、

ライブ復帰してる場合ではなかった状況でした。

デビュー以来、ライブを中止にしたことは一度もないプロ根性の持ち主なので

公演中止も矢沢永吉さんにとって辛い決断だったはずです。

現在の喉の調子はどうなんでしょうか。

矢沢永吉 今後のコンサートの影響は?引退もあり得るのか?

今回デビュー以来、初めてのライブ中止でビックリするほどの反響があった

矢沢永吉さんですが、ご本人もファンの方たちも求めているレベルが高すぎるので

喉の状態によっては、今までみたいな熱いライブを濃密に行う矢沢永吉さんじゃない

スタイルになった際、引退を決断される可能性もあるかもしれません。

ですが、今回のツアーは2公演のみの中止で、無事にファイナルを迎えられたようで

ファンの方も安心したようです。

毎年ハードなライブスケジュールを決行する矢沢永吉さんですが、

まだまだ熱いライブを観させてくれそうですね。

矢沢永吉ライブ後のネットの反応は

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、矢沢永吉 喉の不調はどうなったのか 今後のコンサートの影響は?引退もあり得るのか?

について調べてみました。

皆さんはじめは喉の調子が心配だったようですが、歌いだした矢沢さんの歌声を聞き

感動したようですね。

やっぱり矢沢さんの凄さを感じます。

今後も無理をせず体調や喉の調子を一番に考えてファンを喜ばせてほしいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました