マツコデラックスのCMファンデーションの使用感レビュー!メリット・デメリットは?

スポンサーリンク

先日、友人と話をしていたら「マツコデラックスが出ているCMを見たら、すごい肌がきれいでさ~!」という話題になったんです。

そこで、気になったので調べてみたらとても良さそうなファンデーションだったので、実際に購入して試してみました。

私が感じたこのファンデーションのメリットとデメリット、使い心地などを詳しく説明していきます♪

あなたの参考になると嬉しいです!

資生堂マツコCMのファンデーション

マツコさんが使っているファンデーションは「d プログラム」と「HAKU(ハク)」いうファンデーションです。

この商品は・・・スキンケアも兼ね備えた【ハイブリッドファンデーション】

 

「dプログラム」は全5色 SPF17・PA++

 

 

オールシーズン使えて、ノンケミカル処方。

薬用肌荒れケアと滑らかな仕上がりがかなう「薬用スキンケアファンデ」です。

 

一方、「HAKU」は全4色 SPF30・PA+++

 

 

薬用美白ケアとカバーして明るい肌に導く「薬用 美白美容ファンデ」。

ファインレッドパールという、赤色を効果的に反射させる機能でシミのある部分とそうでない部分の色の差を最小限に抑えてくれる優れもの!

 

日本初の2種の薬用有効成分を配合したものとなります。

 

マツコファンデーションレビュー

実際に、使ってみた感想を書いていきます。

実際に試した私の肌の状態

  • 混合肌
  • 毛穴が気になる
  • 肌荒れ中(ニキビ跡が目立ってます)

試した商品と使用感

「dプログラム」パウダーOC20

今まで使ったものよりパウダーが柔らかくしっとりしてると思いました。

パウダーがきめ細かくカバー力もあって素肌のような仕上がりになりました。

 

「HAKU」OC10

リキッドタイプの中でもみずみずしいタイプ。

 

透明感が上がりつるんとした仕上がりになりました。

ファンデーションを実際に使った人の口コミは?

私以外にファンデーションを使った人の感想をまとめてみました。

良い口コミ

「dプログラム」

・こちらの商品を使用してから夜勤明けの肌荒れが改善されたので負担が少なくなったのかなと思っています

・ニキビが出来た箇所もしみないし、お肌への罪悪感なく使えるのと、けっこうしっかりカバー力があるのが良い。ニキビへの刺激もありませんでした!

・しっとりした質感で乾燥もしてこない。

「HAKU」

・潤いがあるのでしっとりとした使用感なのにベタつきもありません。(40代)

・カバー力は高めで、特に毛穴カバーがしっかりできます。(20代)

・厚塗り感はなく、ナチュラルな仕上がりになるので使いやすいです。
化粧崩れもほとんどない。(30代)

気になる口コミ

「dプログラム」

・肌がひどく敏感になっていた時期に、使用し始めました。つけた瞬間は綺麗なのですが、かなり早い段階で乾燥崩れが起こる印象を受けました。表情を変える度に、ヨレが起こり、毛穴落ちも目立ちました。肌が荒れるということはありませんでしたが、乾燥性の敏感肌には合わないのかなあという印象が強かったです。(20代)

・重ねると厚塗りに見えます。(30代)

・結構色味が暗く感じました。あと日焼け対策には少し弱そうかな。(30代)

 

「HAKU」

・シミやニキビ跡は1回塗りじゃ隠れません。
気になる部位に重ね付けをして手でとんとんとぼかすようにつけるとうっすら隠れます!(30代)

・プチプラが多い私にはちょっと高い。(20代)

まとめ

「dプログラム」のパウダーのみだと、ちょっと物足りない人も多いかもしれないかな、、、と思いました。私は「HAKU」を薄めに伸ばして、その上に「dプログラム」で抑えるのが好きです。

でも手抜き化粧のときは、下地をつけてから「dプログラム」のパウダーをのせています。

特に「HAKU」の方は口コミも高評価が多く、どちらか一つを買うなら「HAKU」がオススメかなとおもいます!あと、夏は曇りの日でも紫外線がものすごくきついので日焼け止めはしっかり塗ってくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました