おすすめの抱っこ紐!選び方やメリットとデメリット比較してみました

抱っこ紐 育児
スポンサーリンク

赤ちゃんが産まれ、育児をする上でとっても便利なアイテムは「抱っこひも」です。

でも抱っこひもといっても、人気メーカーのエルゴやアップリカなどをはじめ、キャリータイプやスリングタイプなど色々な種類があって、抱き方も前向きや横抱きなどとさまざま。

一体どれを選べばいいのか、私も最初はまったく分からなかったです。

そこで今回は、そんな同じように悩むお母さんやお父さんたちに抱っこひもを選ぶ際のポイントといっしょに、おすすめの抱っこひもをご紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

抱っこひもの選び方のポイントやメリット・デメリット

抱っこひもの選び方について説明していきます。どこで使うか、誰が使うか、いつまで使うかなどを考慮しながら、快適に使えるものを選んでみましょう。

用途に合わせてタイプを選ぶ

抱っこひもの種類は、主に2タイプあります。

まずはこの2つの違いを理解して、用途に合ったものを選んでみてください。

「キャリー」はシーンに合わせやすく、さまざまな抱き方ができます】

キャリータイプのメリット

  • いろいろな抱き方ができシーンに合わせて使い分けできるので便利
  • 頑丈で安定感に優れている
  • 肩と腰に重さを分散するので疲れにくい

キャリータイプのデメリット

  • 機能面が充実しているのでコンパクトにはならない

【対面・横・前向き・腰・おんぶ】と、ほとんどが3WAYや5WAYに対応しています。

肩こりや腰痛のあるママ・パパでも楽に抱っこすることができるので、徒歩でのお出かけが中心の方などには特におすすめです。

【携帯性も抜群!簡単に着脱でき、授乳にも便利な「スリング」】

スリングタイプのメリット

  • キャリーよりもおしゃれなものが多い
  • 抱っこしたまま授乳もできる
  • 折りたたむとコンパクトになる
  • 着脱が簡単

スリングタイプのデメリット

  • クッションや支えがないのでママの手で支える必要がある
  • 間違った使い方をすると赤ちゃんの股関節脱臼や窒息、落下といったトラブルにもつながる

赤ちゃんを包み込むように抱っこできて、かわいいものが増えてきているので人気も高くなっています。コンパクトになって持ち運びやすいので、荷物が多い時にはすごく助かりますよね。

いつから使える?月齢に合わせて選ぶ

新生児から使えるタイプは、横抱っこが多く首が座っていなくてもすぐに使い始められます。

新生児のうちは出かける機会があまりないという方は、首が座った生後3ヵ月以降から使えるものを選びましょう。

サイズ調節の幅が広いものは、兼用もしやすい

人によってからだの大きさも違うし、ラクな姿勢も違います。ほとんどの抱っこひもは、サイズの調節ができるようになっているので調節できる幅が広いものを選ぶのがオススメです。

サイズ調節ができるものは、ママも合わせやすいことはもちろん、ママよりもからだのおおきいパパにも合わせやすいので兼用することもできます。

おすすめの抱っこひも

 

 

 

エルゴベビー  OMNI 360(オムニ スリーシックスティ)  

タイプ:キャリー
・対象月齢:生後0ヵ月(体重3.2kg、身長50.8cm以上)から体重15kgまで
・抱っこスタイル:4WAY(対面抱き、前向き抱き、おんぶ、腰抱き)対応
・サイズ調節:〇
・SGマーク:〇

成長に合わせて形を変えることができ、エルゴでは初めて前向き抱きにも対応した商品。クロス装着のできる肩ストラップと腰サポート付きウエストベルトがバランスよく体重を分散してくれるので長時間でも疲れにくなってます。エルゴベビーの抱っこ紐は以前、新生児から使用する場合、インファント インサート(中に首などをサポートするクッション性のあるおくるみのようなもの)が別途必要でしたが、これが不要になりました。

 

 

エルゴベビー ベビーキャリア ADAPT(アダプト) クールエア 

タイプ:キャリー
・対象月齢:生後0ヵ月(体重3.2kg、身長50.8cm以上)から体重15kgまで
・抱っこスタイル:3WAY(対面抱き、おんぶ、腰抱き)対応
・サイズ調節:〇
・SGマーク:〇

3Dエアーメッシュをキャリア全体に採用した、新生児から使える『アダプト(ADAPT)』。高い通気性で、赤ちゃんもパパもママもずっと快適です。赤ちゃんが快適な座り姿勢はそのままで、もしもの時だけベビーウエストベルトが腰回りを固定し頭と首を支えるヘッドサポートには2段階調節機能を搭載。成長に合わせて調節できます。

 

 

ベビービョルン ベビーキャリアONE+Air  

タイプ:キャリー
・対象月齢:首すわり前の1ヵ月頃(53cm/3.5kg以上)から36ヵ月(100cm/15kg)まで
・抱っこスタイル:4WAY(前向き抱っこ対面抱き、おんぶ、腰抱き)対応
・サイズ調節:〇
・SGマーク:〇

赤ちゃんとママがより安心できるようリニューアルされました!しっかりしたヘッドサポートがついているため、付属品なしで新生児から抱っこすることができ、ママの負担が軽減されるよう、肩パッドと太めの腰ベルトで、快適に赤ちゃんを抱っこできます。メッシュ素材なので通気性も良く、洗濯もしやすく、清潔に保ちやすいですね。

 

 

アップリカ コランハグ   

タイプ:キャリー
・対象月齢:首すわり(4ヵ月頃)~体重15kg(36ヵ月頃)
・抱っこスタイル:5WAY(横抱っこ・対面抱っこ・前向き抱っこ・腰抱っこ・おんぶ)対応
・サイズ調節:〇
・SGマーク:〇

とても軽量で、赤ちゃんの成長に合わせていろいろな抱っこができる人気商品!日本人の体型にフィットする設計がされていて、新生児から使うには別売りのコランハグ専用新生児シートを購入する必要がありますが、退院時から使えます。自然な形で横抱っこできるので、新生児を縦抱っこするのはやっぱり不安という方にぴったりです!おんぶのときに赤ちゃんをしっかり固定していてくれる「おんぶハーネス」があるので、苦手な方でも安心しておんぶができます。

 

 

FILT社 トンガ・フィット   

タイプ:スリング
・対象月齢:腰がすわってから(7ヵ月頃から)15kgまで
・抱っこスタイル:腰抱っこのみ
・サイズ調節:×
・SGマーク:-

赤ちゃんのおしりにあわせてやさしくフィットするので、安定感があり軽くてコンパクトなので、お出掛け用の2本目の抱っこ紐として最適です。

お洗濯も簡単に綿100%だから汚れてもジーンズ感覚で毎日使えます。商品は7色展開で、サイズ調整できないのでご試着後のご購入がおすすめです。

XS:~155cm S:155cm~ M:165cm~ L:175cm~ XL:185cm~

 

 

北極しろくま堂へこおび

タイプ:スリング
・対象月齢:生後2週間から14.9キロまで(約3歳程度)
・抱っこスタイル:3WAY(新生児抱っこ(縦抱っこ)・対面抱っこ・おんぶ)対応
・サイズ調節:〇
・SGマーク:-

昔ながらの抱っこひもで一枚の長い布で新生児の抱っこからおんぶまで幅広く使えます。

自分でからだに巻いて結ばなければいけないので、何度か練習する必要がありますが、イラスト付きの説明書がついているので安心です。

慣れれば自分と赤ちゃんが、一番快適に過ごせる位置で抱っこやおんぶができるようになり、赤ちゃんの成長に合わせたサイズ調整も簡単にでき、体形の違うパパと共有しやすいのも魅力です。

金具も何も付いていない長い布なので、非常に軽くて簡単に洗濯もできて清潔に保てます。

色やデザインのバリエーションも多くおしゃれのひとつとして楽しめますね。

 

 

キューズベリー 抱っこ紐 

タイプ:キャリー
・対象月齢:首がすわってから(4ヵ月頃)16kgまで
・抱っこスタイル:対面のみ
・サイズ調節:〇(フリーサイズ)
・SGマーク:-

ひとつひとつ丁寧に、手づくりで縫いあげられている純日本製の抱っこ紐です。布製でコンパクトに畳むことができ、付属の巾着がついていてキャリーとスリングのいいとこ取りをした便利な商品です。装着もとっても簡単で、キャリーのように両肩と腰で赤ちゃんの体重を支えるので、ママへの負担も少ないです。

さらにヘッドカバーも付いているし、ファスナーで開閉するようになっているので、寝てしまった赤ちゃんを起こすことなく降ろし、抱っこ紐を外すことができるのはすごく助かりますよね。
サイズはフリーサイズのみですが、サイズ調整ができるのでパパも使えます。ただ注意していただきたいのが、腰骨の上から胸のトップ、首の横を通って一周したときの長さを測って98~124cm以内でないと使用できません。あと30日間の返金保証制度が用意されているので安心ですね。

まとめ

いかがでしたか?抱っこひもは、赤ちゃんとのお出掛けにはもちろん、寝かしつけのときや泣いている赤ちゃんをあやしたり家事をするときなど、育児をする上でとても必要なアイテムです。

少しでも負担が少なくて、利用シーンにマッチしている抱っこ紐をを選ぶことが大切です。

自分に一番合った抱っこ紐をぜひ選んでくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました