おっぱいがチクチク痛い 授乳期おっぱいトラブルの悩み

赤ちゃん抱っこ 育児
スポンサーリンク

出産してから誰もが1度は悩む、さまざまなおっぱいトラブル。

チクチク、ズキズキする痛みは耐えられないですよね。

私も出産後のおっぱいトラブルで何度も涙を流しました。

いつまで続くのか、なんで痛いのか、不安になってしまいますよね、、、

今回は、みんなが抱える『授乳期おっぱいトラブルの悩みの声や私が実際行った対処法

などご紹介したいとおもいます。

おっぱいのチクチク、ズキズキはなに?

おっぱいのチクチク、ズキズキは片胸でも両胸でも起こります。

そのほとんどは、おっぱいの中で起こっている分泌活動が原因です。

赤ちゃんに初めて授乳をし始めてから、母乳は数日間で徐々に増えていき

だんだんと大量の母乳が分泌し始めます。これは「乳汁来潮」といいます。

乳汁来潮はおっぱいが張って硬くなり始めるサインで、痛みは母乳量が増えることだけで

起きるのだけではなく、おっぱいの中の血流や余分なリンパ液が

増えることでも感じることがあります。

▼あわせてこちらの記事もどうぞ▼

断乳・卒乳の進め方や違い!実際に断乳したときの失敗談と感想
赤ちゃんとお母さんにとって卒乳と断乳は初めての試練です。 我が家は長男の断乳・・・それはそれはとっても大変でした。 実は、長男と次男との間で授かった子が子宮外妊娠で、幸い早期発見だったので手術ではなく抗がん剤で治療をすることにな...

 

断乳・卒乳後の胸の張りチクチクした痛みはいつまで続く?ケアや対処法まとめ
卒乳・断乳後の胸の張りいつまで続くの? 本当にこんなに胸が張ってしまっても大丈夫かな? 乳腺炎にならないかな。とか悩んでしまっているママも多いのではないでしょうか? 私もそのひとりでした。。。 チクチク痛む胸の張り、...

おっぱいトラブルの声

 

 

私が実際したおっぱいトラブル対処法

濡らしたタオルで冷やす

フェイスタオル2枚を冷水に浸し、固く絞って長細く折りたたみおっぱいを包み込みます。

保冷剤や氷だと冷やしすぎて逆効果になりかねませんので

冷水に浸し固く絞ったタオルをオススメします。

 

軽くおっぱいマッサージをする

母乳が作られすぎて、カチコチの岩みたいになったときがあり、

そのカチコチ部分に指で優しく圧をかけます。

マッサージするとき、ガーゼや乳パッドなどを当てながらすると汚れずに済みます。

おっぱいトラブルの時にしてはいけないこと

おっぱい(からだ)を温める

湯船に浸かったり寒いからとからだを温めてしまうと母乳が作られてしまい、

張りや痛みが治まったのにまた痛くなってしまいます。

おはぎやおもちを食べる】

母乳を生成するためにはカロリーが多く必要です。

お餅は昔から腹持ちが良く栄養がたくさんなので、おっぱいをあげるために

お餅を食べなさいと言っていたそうです。

授乳期は食べても食べてもお腹は空き、赤ちゃんに栄養を取られます。

ですがトラブル時は控えた方がいいでしょう。

おっぱいマッサージや搾乳をたくさんする】

おっぱいが張りすぎるとその痛みから逃れたくて、

おっぱいマッサージや搾乳をしすぎてしまう方が多くいます。

そうすると、母乳の生成を促してしまい余計に張りが強くなってしまいます。

 

まとめ

いかがでしたか?

授乳初期はカラダも変化しているときで、必要以上に作られてしまうことがあります。

おっぱいトラブルをそのままにしておくと、乳腺炎の原因になるおそれがありますので

我慢せず早めに母乳外来を受診しましょう。

数週間すると赤ちゃんも飲む量も増えるし

カラダも必要な分だけの母乳が生成されて落ち着いてきます。

焦らずにがんばりましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました