断乳・卒乳後の胸の張りチクチクした痛みはいつまで続く?ケアや対処法まとめ

哺乳瓶 育児
スポンサーリンク

卒乳・断乳後の胸の張りいつまで続くの?

本当にこんなに胸が張ってしまっても大丈夫かな?

乳腺炎にならないかな。とか悩んでしまっているママも多いのではないでしょうか?

私もそのひとりでした。。。

チクチク痛む胸の張り、本当にストレスですよね。

断乳・卒乳後の胸の張り・チクチク痛みを緩和する対処法やケアの仕方をご紹介していきます。

 

▼あわせてこちらの記事もどうぞ▼

断乳・卒乳の進め方や違い!実際に断乳したときの失敗談と感想
赤ちゃんとお母さんにとって卒乳と断乳は初めての試練です。 我が家は長男の断乳・・・それはそれはとっても大変でした。 実は、長男と次男との間で授かった子が子宮外妊娠で、幸い早期発見だったので手術ではなく抗がん剤で治療をすることにな...

 

卒乳・断乳後にバストアップする方法は?伸びてしまったクーパー帯は戻らない?おすすめのナイトブラ・クリームもご紹介
妊娠すると女性のからだは赤ちゃんのために日々変化していきます。 妊娠中から母乳が出る方もいらっしゃいます。 それにより、妊娠前より1カップ、2カップも大きくなる方もいらっしゃいます。 出産後に授乳により伸びた皮膚が...

卒乳・断乳後の胸の張りはとっても痛い

赤ちゃんのペースに合わせておっぱいを卒業させる「卒乳」

スケジュールを組んでおっぱいを終わりにする「断乳」があります。

赤ちゃんを産んでから、当たり前のように出ていた母乳を止めるわけですから、胸の中にどんどん母乳が貯まります。

おっぱいがガチガチに硬くなってしまうこともあり、これがとにかくつらくて痛い!!

断乳後の胸の張りはいつまで続く?

ただでさえ断乳で子供に泣かれてツライのに、次はおっぱいの張りに悩まされ・・・

泣きたいのはこっちだー!って思ってしまいますよね。

でもそんなつらい時期も必ず終わりがあります。

一般的に、ピークは3日~1週間程度胸の張りや痛みはおさまります

その時期をすぎると徐々に落ち着いてくるので、胸の張りが嘘のように引いていきます。

痛みや張りを軽減する卒乳テクニック

痛みや張りが強いときはしっかりと適切な対処をしてあげることが重要です。

飲む量が減ってきている場合は、早いうちから授乳や搾乳の間隔をあけていきましょう。

今までのように授乳や搾乳を続けてしまうと、いつまでたっても母乳はつくられ続けます。

母乳量を減らしつつ、胸の張りを軽減する方法をまとめてみました。

キャベツ湿布で冷却

『母乳トラブル=キャベツ湿布』

ご存じな方もいらっしゃいますよね。

胸の張りや痛みは冷やすことで和らげることができます!が、この冷やす“程度”が難しいですよね。

私はよく氷や保冷剤で冷やしていました。

でも急速に冷えすぎてしまい、逆効果になることもあったり・・・

冷えピタのような貼るタイプの冷却シートでは効果が持続しにくく、肌が荒れたりすることもあるのであまりおすすめはしません。

そこで活躍するのがキャベツ湿布。

水に濡らしたキャベツの葉をそのままおっぱいに貼るだけ!

あとは、上からラップやタオルを巻いておけばOKです。

野菜の水分がおっぱいの熱をやさしく吸収してくれて、キャベツの葉がいい感じにおっぱいを包み込んでくれます。

キャベツ湿布の効果は絶大です!

「おにぎり絞り」による圧抜き

断乳・卒乳中は絞っちゃダメ!ではありません。

むしろ、まったく搾乳しないのは乳腺炎を引き起こすリスクが高くなります。

胸の張りを感じたら適度に搾乳をし、圧抜きしましょう。

脳に「母乳を作れー!」という指令をストップさせるために重要となりますが

2つ注意したいポイントがあります。

  • おっぱいが空っぽになるまで絞り切ったらダメ!
  • 乳頭部への刺激はなるべく避ける

『おにぎり絞り』の方法

乳頭部への刺激を避けつつ、余分な母乳を外へ出すための絞り方です。

おっぱい全体に両手を添え、外側から内側へ向け、絞るようにゆっくり母乳を出す。

母乳が出やすいように準備をしてからおにぎり絞りをすると、ポタポタと垂れるように圧抜きしやすくなります。その時は母乳パッドを使うのがおすすめです

母乳パッドがない場合でも、ガーゼなどをはさんでやると服を汚さなくておすすめです。

ペパーミントのアロマも効果的

24時間頑張っているママたちは少しでも癒されたいですよね。

ペパーミントは、香りによるリラックス効果があったり、冷却作用があるといわれています。

濡れタオルにアロマオイルを垂らして胸に当てると、スーッと張り感がラクになることがあります。

また、ペパーミントやセージの精油には母乳の生成を抑えるはたらきもあります。

ハーブティーなども、母乳量を抑えるには効果的です。

断乳後のケア

  • 乳房が張って痛みを感じたら受診する
  • お風呂は湯船に浸からず、シャワーのみにする
  • きついブラジャーの着用は避ける

きついブラジャーは乳腺炎の原因になりかねないと言います。また、断乳・卒乳前の1週間は和食中心の食事にすることで、おっぱいトラブルを避けることができるようです。

【心配なら母乳外来へ】

断乳ケアに不安を感じる方は、病院(母乳外来)で助産師さんなど専門の人に相談しましょう。無理な断乳ケアや、おっぱいのケアをせずに断乳をすると、乳腺炎などのおっぱいトラブルを起こす可能性があります。

断乳に不安を抱えていても、なかなか人に相談しにくいですよね。

断乳を行う場合、おっぱいに溜まっている母乳を出し切るのがよいとのことです。

理由は、乳腺に蓄積したままだと、乳がんを含むおっぱいトラブルにつながる場合があるからだそうです。

授乳中は乳がん検診を受けることができませんが、母乳外来に通うことで一緒に乳がん検診を行ってくれる産婦人科もあります。

母乳外来は、「断乳を始める前」「断乳を始めた初期」に行きましょう。

まとめ

断乳・卒乳は計画的にゆっくりとはじめ、心配なら専門の人に相談を。

無理に搾乳するはおっぱいトラブルの原因になるので、絶対にやめましょう。

適度に冷却しながらゆっくり圧抜きしましょう!

胸の張りや痛みのピークは3日~1週間程度でおさまるので焦らずゆっくり進めましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました