関西の花火大会おすすめランキング2019!子供と一緒に楽しめるスポット情報

花火 レジャー
スポンサーリンク

夏と言えば、私がいつも楽しみにしているのが花火大会!

毎年、各地で花火大会が開催されていますが、「今年はどこへ行こうかな~?」と色々と調べるのも楽しいですよね。

我が家は2人の子連れなので、子供と一緒に楽しめるところを中心に、関西の花火大会をピックアップしてみました!

では、早速ご紹介していきます♪

花火大会おすすめランキング

みなと神戸海上花火大会

  • 8月4日 (土) 19:30~20:30
  • 打ち上げ本数 15000発

【観覧席】 1席3100円

一般販売6月下旬予定。当日券あり 1席3600円 なくなり次第終了です。

【最寄り駅】JR三ノ宮駅、阪急・阪神三宮駅から徒歩20分

天神祭奉納花火

  • 7月25日(木) 19:30~20:50
  • 打ち上げ本数 5000発

【観覧席】テーブル指定席5500円、砂浜自由席4000円。

【最寄り駅】JR桜ノ宮駅西口から桜之宮公園沿いを南へ徒歩2分、

京阪鉄道・大阪市営地下鉄天満橋駅から徒歩5分

なにわ淀川花火大会

  • 8月10日 (土) 19:40~20:40
  • 打ち上げ本数 未定

【観覧席】十三会場:エキサイティングシート大人9000円・子供5000円。

アリーナシート大人7000円・子供4000円。当日券あり。

アリーナシート大人8000円、子供5000円

※エキサイティングシートは当日券なし。ほかにも梅田会場やパノラマスタンドなどあります。

【最寄り駅】阪急電鉄十三駅または南方駅・阪神電鉄姫島駅・JR塚本駅または御幣島駅・大阪市営地下鉄西中島南方駅から徒歩15分(十三会場)、大阪市営地下鉄野田阪神駅・JR大阪駅または海老江駅・阪神電鉄野田駅から徒歩20分、阪急電鉄・大阪市営地下鉄梅田駅から徒歩25分(梅田会場)

※当日は会場周辺で交通規制があるので注意が必要です。

【子連れポイント】

花火の開始時と、終了後は駅前にかなりの人だかりができるので、早めに会場入りをして、帰りはちょっと早めに帰るのがベスト。

子供が大きいのであれば問題ないですが、終了後に少し時間をつぶそうと思っていると子供が寝てしまって抱っこして帰る羽目になっちゃいます。

びわ湖花火大会

  • 8月8日(木)19:30~20:30
  • 打ち上げ本数10000発

【観覧席】設置予定、価格未定

【最寄り駅】京阪電鉄びわ湖浜大津駅から徒歩5分、JR大津駅または膳所駅から徒歩15分

※当日は会場周辺で交通規制があるので注意が必要です。

PL花火大会

  • 8月1日(木) 20:00~20:40
  • 打ち上げ本数 未定

【観覧席】大阪府狭山市にある「スパヒルズ」にてPL花火芸術祭特別観覧席が用意される予定。

【最寄り駅】近鉄長野線富田林駅から徒歩15分、または南海高野線大阪狭山市駅から徒歩40分、または南海高野線金剛駅から徒歩50分

みつ海まつり サンセットフェスティバル

  • 7月1日 20:00~20:30
  • 打ち上げ本数 未定

【観覧席】なし

【最寄り駅】山陽電鉄山陽網干駅から大浦行バスに乗り10分 釜屋西下車徒歩15分、山陽道龍野ICまたは龍野西ICから南へ車で20分

猪名川花火大会

  • 8月17日 (土) 19:20~20:20 中止
  • 約4000発

【観覧席】なし

【最寄り駅】阪急電鉄川西能勢口駅・池田駅から徒歩約10分、JR川西池田駅から徒歩約15分 ※当日は会場周辺で交通規制あり(阪神高速11号池田線 池田分岐~池田木部ランプの上下線(19:00~22:00頃)、五月山ドライブウェイ(18:00~21:00)通行止め)

淡路市夏まつり

  • 7月第3日曜日20:00~20:30
  • 打ち上げ本数 5000発

【観覧席】なし

【最寄り駅】神戸淡路鳴門道淡路ICから車で5分

長浜・北びわ湖花火大会

  • 8月5日(月)19:30~20:30
  • 打ち上げ本数 10000発

【観覧席】一般席(シート席):1名1500円(1000席) ※3歳未満無料、イス席:1名2500円(4900席)※3歳未満ひざ上無料、席を利用する場合は有料。有料席が残っていれば当日券あり

【最寄り駅】JR長浜駅から徒歩10分

第38回いたみ花火大会

  • 8月24日(土) 19:30~20:30
  • 打ち明け本数 3500発

【観覧席】なし

【最寄り駅】JR伊丹駅から南東へ徒歩10分、阪急電鉄伊丹駅から東へ徒歩20分。

※当日は会場周辺で交通規制があるので注意が必要です。

【子連れポイント】

何度も見に行ったことがありますが、河川敷に出る屋台の数がとても多いので子供たちが大喜び!

花火スタートの30分前には屋台巡りを終えて、花火鑑賞スポットへ移動することをおススメします。

じゃないと人が多くなりすぎて、子供が大人たちに囲まれて大変なことになっちゃいます。

まとめ

夜空に咲く色鮮やかな花火、水面に輝く水中花火がたっぷりと楽しめる人気の花火大会ばかり!!

ぜひチェックしていただき美しい花火を楽しんでください。

私も子供たちと今年もたくさん楽しみたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました